歯科・旭川・審美歯科・インプラント【マキタ歯科医院】

0166-22-8578

ブログBLOG

0166-22-8578

〒070-0034
北海道旭川市4条通11丁目2230 マキタビル2F

ブログBLOG

酸蝕症①

こんにちは渡部です^ ^

 

エナメル質は歯の一番外側を覆っている目に見える表面の硬い層のことで、人間の体の中で最も硬い組織です。
頑丈な物質ですが、生きた細胞を持たず、擦り減ったりダメージを受けて失われたりすると、二度と元には戻りません。

ですから、エナメル質を保護することが大切です!
失ってしまう主な原因として「酸蝕」と「虫歯」だと言われています。

今回はこの「酸蝕」についてお話しします。

「酸蝕」は主に、普段から口にする食べ物や飲み物に含まれる酸によって起こります。
酸を含む食品の中には、健康に良いとされる果物やフルーツジュースなども含まれてしまいます。 こういった酸を含む食品が歯に接触すると、硬いエナメル質の表面は一時的に軟らかくなり、歯やハブラシや舌で触れただけでもエナメル質がダメージを受けやすくなります。
「酸蝕」が進行するとどうなってしまうのでしょうか?

1.黄ばむ

2.光沢を失い、変色する

3.半透明〜透明になる

4.シミる

5.先端が丸みを帯びる。

そんな「酸蝕」から歯を守るためにはどうしたらいいのでしょう?

 

 

それは、、、次回お話ししますね!

ブログ一覧へ >