歯科・旭川・審美歯科・インプラント【マキタ歯科医院】

0166-22-8578

ブログBLOG

0166-22-8578

〒070-0034
北海道旭川市4条通11丁目2230 マキタビル2F

ブログBLOG

赤ちゃんへの虫歯菌感染

こんにちは渡部です^ ^

今日は赤ちゃんへの虫歯菌の感染についてです!

そもそも赤ちゃんは無菌状態で生まれてくるのにどうやって菌に感染していくのでしょうか?

生まれてから3歳頃までは家族のお口の中の状態が子どもに大きく影響します。

虫歯菌は主に垂直感染(母親や保育者から子どもへ)することが明らかになっています。

お母さんや保育者が糖分の摂取を控えたり、普段からしっかりと歯磨きをしていることが大切です。

未治療の歯があったり、絶えずお菓子を口にしているとお母さんのお口の中の細菌に占める虫歯菌(ミュータンス菌)の割合が高くなり、お母さんだけでなくお子様への感染の危険性も高くなるのです。

いったん虫歯菌が感染すると、どんなに熱心に歯磨きをしても、虫歯菌は簡単にはなくなりません。

この時期の虫歯菌への感染がお子さんの生涯の虫歯のかかりやすさを左右します
菌の少ないお母さんがお子様への細菌感染を予防できます。

もちろんお母さんだけでなくお父さんも含めてご家族みんなで予防しましょう!

そのためにも定期的なクリーニングへ歯科医院に行き、菌の量を減らしましょう!

ブログ一覧へ >