歯科・旭川・審美歯科・インプラント【マキタ歯科医院】

0166-22-8578

ブログBLOG

0166-22-8578

〒070-0034
北海道旭川市4条通11丁目2230 マキタビル2F

ブログBLOG

鼻のかみ方

こんにちわ、山口です

今回は風邪を引いたときに使える、正しい鼻のかみ方を紹介します

まず、正しい鼻のかみ方は次の4点です。

1.片方ずつかむ。

反対側の鼻を押さえてかみます。両方いっしょにかんではいけません。

2.鼻をかむ前に口から息を吸う。

鼻をしっかり押し出すために、空気を吸って準備をします。

3.ゆっくり、少しずつかむ。一度にかまない。

4.強くかみすぎない。少しずつやさしくかんで下さい。

これに対し、正しくない鼻のかみ方は次のとおりです。

1.両方の鼻をいっしょにかむ。

左右両方の鼻を一度にかむと細菌やウイルスが含まれている鼻汁がかえって鼻の奥のほうに追いこまれ、副鼻腔炎になることもあります。

2.力まかせにかむ。

こうすると鼻の中が傷ついて鼻血が出たり、耳が痛くなることもあります。

3.中途半端にかむ。

鼻汁が残るとその中で細菌やウイルスが増えてしまいます。

4.鼻をほる。

鼻くそを無理に指やティシュペーパーでかき出すと、粘膜を傷つけて鼻血が出たり、傷から細菌が入って感染してしまうことがあります。

5.鼻をすする。

鼻汁をすすると鼻汁(この中には細菌やウイルスがたくさんいます)が鼻の奥に入ったり、耳にまで達して中耳炎の原因になることもあります

鼻汁を正しくかんで、鼻の病気(副鼻腔炎、急性鼻炎、アレルギー性鼻炎等)を予防しましょう!

ブログ一覧へ >