歯科・旭川・審美歯科・インプラント【マキタ歯科医院】

0166-22-8578

ブログBLOG

0166-22-8578

〒070-0034
北海道旭川市4条通11丁目2230 マキタビル2F

ブログBLOG

市販のホワイトニングは白くなるの?

こんにちは 渡部です^ ^

今回は市販のホワイトニングは白くなるのか?についてです。

 

結論から言うと多少白くなることもあります。もちろん個人差も大いにあります。

市販の美白用歯磨き剤の多くは、歯面の汚れを落とす研磨剤と着色(ステイン)を落とす成分が含まれています。

これらは歯本来の白さを取り戻すためのものであり、歯の色自体を、白くするものではありません。なので元々歯が白い人の黄ばみに対する効果でいうと大いに期待できるのではないでしょうか。

歯の消しゴムのようなものも汚れを落とすのは有効ですがエナメル質を傷つける可能性があるので毎日はお薦めしません!

さらに「研磨」という言葉に釣られ、研磨用スポンジやヤスリなどで歯を削るのは絶対に止めましょう!

エナメル質が傷つき痛みを感じたり治療が必要になってしまうこともあります。

市販のホワイトニング剤の効果は?

インターネット通販の普及により、今や薬局には売っていないような商品や海外の商品も簡単に手に入るようになりました。

インターネットで「歯 ホワイトニング」などで検索すると、様々な商品や使用法などが検索結果に現れます。これらの効果は、主に「歯の汚れを落とし、歯を白くするもの」がほとんどです。つまり歯本来の白さを際立たせるためのものであるため、歯の質が白い人には効果は認められるが、もともと黄味がかった歯が多い日本人には適さない場合も多くあります。もちろん、良いものもあるとは思いますが、効き目があった場合でも効果が短いこともあるので注意しましょう。

また成分の確認も重要で、研磨剤が多いものは歯を傷つけてしましますし、果物由来の酸性のものであれば、エナメル質を溶かしてしまうこともあるので、頻度を考えて使用することも大切です。

市販のものでも効果がないわけではありませんが、ホワイトニングは歯科医院ですることをおすすめします^ ^

ブログ一覧へ >